キクの品種を知ろう!食用のキクもあるって本当?

育て方ポイント.com

たくさんの品種

キクにはたくさんの品種があります。品種によって形が異なりますし、海外で栽培されているものは彩りの種類が存在します。また、キクの中には食べることのできる品種もあるため、これからキクを育てる初心者に向けて解説します。

キクの品種について理解しよう

江戸菊

古典菊の代表的な品種と言えば「江戸菊」。名前に江戸が付いているように、江戸から発達したものとして知られています。多くの菊は秋に咲きますが、江戸菊は季節外れに咲くことが多いのです。また、花を咲かせる過程で花びらの形が変わっていくのが特徴です。

嵯峨菊

嵯峨菊の元は野菊となり、本来自生していた場所は大沢池の菊ケ島となります。ですが、実際に育成された場所は京都の嵯峨野となります。日本三大名菊として知られており、菊の中でも古い伝統を受け継ぐ古典菊なのです。

肥後菊

肥後菊の発祥地は熊本となり、当時は江戸菊と同様に人気があった古典菊となっています。また、当時の菊は大輪で花びらが厚い菊が流行していましたが、肥後菊は花びらがまばらに付くことから、当時流行していた菊とは異なることが特徴です。

大菊・中菊・小菊

「大菊」「中菊」「小菊」は和菊として有名ですし、それぞれに花の直径が異なります。直径が18~20cmのものが大菊、直径が9~18cmのものが中菊、直径が9cm未満が小菊となっています。仏花や切り花・ミニ盆栽など、様々な場面において利用することができるでしょう。

スプレーマム(スプレー菊)

実は菊は日本だけで生み出されているだけではなく、海外でも生み出されています。そのひとつがスプレーマムです。海外で作られている菊は豊富なカラーとなっていますし、種類によって様々な見た目があることも大きな特徴です。楽しみながら育てることができるでしょう。

キクの品種

花

食用菊とは

食用菊は和食の料理店などでも利用されており、一度目にしたことがある人も多いでしょう。実は、菊の種類の中には「食用菊」と言われてるものがあります。菊は観賞用に育てるイメージがありますが、食用菊は育てた後に食べることができます。

安全性を重視

食用菊の育て方は通常の鑑賞菊と同じですが、口に入れるものになるので安全性を重視して育てる必要があります。花や植物を育てるにあたり農薬や肥料を使用しますが、食用菊を育てる場合は安全で信頼できる農薬や肥料を使うことが大切です。

食べ方について

食用菊はいろいろなアレンジをして食べることができます。例えば、衣をつけて天ぷら風に食べることもできますし、茹でて食べることもできます。また、茹でた食用菊は保存することができますが、目安は冷蔵庫で7日間と言われています。品質に注意し保存しましょう。

健康や美容に良い

食用菊にはビタミンCやビタミンEなど、私たちが生きる上で重要となるビタミン類が含まれています。ビタミンCは肌トラブルを改善する効果がありますし、ビタミンEは血の流れを良くする効果があります。そのため、健康や美容面においての効果に期待できるのです。

キクの育て方を学ぼう

フラワー

キクを育てる

これから初めてキクを育てる人は一から育て方を身につける必要があります。キクは初心者でも比較的簡単に育てることができるとされていますが、まずは何が必要なのかを把握しましょう。また、ガーデニングに必要なグッズについても覚えておきましょう。

READ MORE
レディ

ポイントを知る

キクの花を咲かせるためには必要なポイントを知ることが重要です。キクを育てる初心者に必要なポイントを知ることで、美しいキクを咲かせることができるでしょう。そのため、初心者が知りたいポイントについてお教えします。

READ MORE
園芸用品

予防が大事

花や植物が枯れてしまう原因は害虫や病気による原因が関係しています。それはキクでも例外ではありません。キクをダメにしないためにも、「どのような害虫や病気があるのか」、「どんな予防を行なえばいいのか」、初心者に向けて紹介します。

READ MORE
花

キクの品種

キクにはたくさんの品種があるため、初めて育てる人は何を選べばいいのか迷うこともあるでしょう。品種によって咲き方や色などが異なってきますし、育つ時期が異なる場合もあるでしょう。自分に合ったキクを選んで育てることが大切です。

READ MORE
広告募集中