害虫や病気に要注意!トラブルを予防するキクの育て方

育て方ポイント.com

気をつけよう

ガーデニングで花や植物を育てる人は多いですが、害虫や病気の予防について悩んでいる人も少なくないでしょう。これらのトラブルが起こると花や植物がダメになってしまう可能性があるため、トラブルが起こらないためにも予防方法について把握しましょう。

予防が大事

園芸用品

アブラムシ類

害虫の中でもキクに多くつくものがアブラムシです。新芽や葉の裏に寄生することが多いので注意が必要です。繁殖率も高い害虫ではありますが、薬剤には弱い特徴があります。薬剤と塗布する場合は、10日に1回は行なうようにしましょう。

ハダニ類

アブラムシ類と同様に葉の裏に寄生することが多い害虫です。特に、梅雨明けに大量に発生することで知られているため、梅雨の時期は気をつけましょう。早いスピードで繁殖するため、発見した時は早急に薬剤を塗布しましょう。

灰色かび病

灰色かび病になると斑点が発生します。斑点は赤色や白色となっている特徴があるため、すぐに気づくことができるでしょう。ですが、症状が進行するにつれて灰色のカビが発生します。多湿を避けることと、適した殺菌剤で予防を行なうことが大切です。

うどんこ病

うどんこ病の症状の特徴は白い粉です。葉っぱや茎などに白い粉がついてしまい、最終的に枯れてしまうことになります。殺菌剤で予防しても抵抗性がついてしまうこともあるため、いくつかの種類の専用の殺菌剤で予防をしましょう。

キクの育て方を学ぼう

フラワー

キクを育てる

これから初めてキクを育てる人は一から育て方を身につける必要があります。キクは初心者でも比較的簡単に育てることができるとされていますが、まずは何が必要なのかを把握しましょう。また、ガーデニングに必要なグッズについても覚えておきましょう。

READ MORE
レディ

ポイントを知る

キクの花を咲かせるためには必要なポイントを知ることが重要です。キクを育てる初心者に必要なポイントを知ることで、美しいキクを咲かせることができるでしょう。そのため、初心者が知りたいポイントについてお教えします。

READ MORE
園芸用品

予防が大事

花や植物が枯れてしまう原因は害虫や病気による原因が関係しています。それはキクでも例外ではありません。キクをダメにしないためにも、「どのような害虫や病気があるのか」、「どんな予防を行なえばいいのか」、初心者に向けて紹介します。

READ MORE
花

キクの品種

キクにはたくさんの品種があるため、初めて育てる人は何を選べばいいのか迷うこともあるでしょう。品種によって咲き方や色などが異なってきますし、育つ時期が異なる場合もあるでしょう。自分に合ったキクを選んで育てることが大切です。

READ MORE
広告募集中